秋の終わり

この風雨で秋は終わった。本格的な冬の到来。淋しい気持ちもあるし、歓迎の意識もある。「アダムとイヴの林檎」のアルバムを聴きながら、朝食を作る。心によぎる不安は見ないようにして、一歩いっぽ進んでいくことを覚えた。問題は時が解決してくれたり、自分が思っているより大したことないことが多い。自分の周りが慌ただしく動き始めて、巻き込まれつつある現在、自分の中心はしっかりと凪いで穏やかでいたい。優しさに触れて、ホッとひと息ついたり、痛みに気づいて、力になりたいと思ったり、魅力や才能を信じているし、やはり私は人が好きなんだと心から思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中