神様に与えられた花

人間、過酷な環境におかれると、どんな澄ました良い人でも、魂が暴れだすものと思う。でも、それでもその過酷な環境の中で、その環境を受け入れて、自分の与えられた役割を全う出来る人こそ、素晴らしい人なのだ。

与えられた役割というものは、人によって違うのだろう。自分をよく知り、自分の与えられた環境を知り、役割の大小に関わらず、ストイックにやり遂げることのできる人。少しずつ少しずつそういう人間に近づけるように、コツコツと頑張りたい。

僕は雑草だから、園芸種のような大きな花は咲かない。生命力の強いしぶとさを持つからこそ、神様に小さな花を与えられた雑草。

一頭の蝶を休めるための白い花

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中