何でも屋

会社では、私は何でも屋だと思っている。依頼を受けたことを、工夫しながら、納期より早く、確実に仕上げていく。割と何でも引き受けてしまう。難しいことをシンプルに、シンプルなことを深く感じられるように、仕事をしている。普段から、割り込みの仕事もすぐに着手できるように、準備している。本来の仕事と割り込みの仕事だと、割り込みの仕事の方が少しだけ多いかもしれない。本来の仕事は、まめに更新作業、改善作業を繰り返しながら、進めていく。上司と話し合いながら、人に任せられることは任せる。そういうところの思い切りは、責任感ないのかというぐらいにドライに割り切ることができる。身体的に優れていないが、いろいろなことを同時進行で進めるのは得意みたいで、自分の特長だと思っている。長い間、病気をしていたせいもあり、人より社会に出ての経験は少ないが、病気になったからこそ、知っていることも多々ある。それは強みである。周りの人に恵まれていて、仕事がしやすい環境であることも大きい。幸運に恵まれて、ここまでやってきた。飛びぬけて凄い能力がないけれど、総合力で勝負出来たらいいなと常々思っている。そういうところは頑固なぐらい変わらない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中