fragrance

女は男に好きな香りは何かと尋ねた
男はそうだなと呟き、しばらく宙を見つめて考え
人工的なものよりも自然の香りが好きだなと答えた

雨上がりの森の中の香りとか
満ち潮のときの海の匂いとか
月の美しい夜の金木犀の香りとか
悲しい出来事に出会ったあとの林檎の香りとか

女はそのあとに続くように

恋をしているときに食べる白桃の香りとか
言葉を覚え始めた幼子の髪の匂いとか
もらった恋文の青いインクの匂いとか
ローズガーデンでキスをするときの耳の後ろの匂いとか

そうつけたした

男は喉を響かせながら
パーソナルカラーがあるならパーソナルフレグランスもあるよね

そして微笑みながら
君のパーソナルフレグランスは
夕陽の見える丘の、夕桜の三分咲きの頃の花の香りだね

女は男に微笑み返し
あなたのパーソナルフレグランスは
新月の夜明け前の樟若葉の香りかな

男は女に未来を、女は男に過去を話したくなった

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中