短歌(三首)

朔日に見つけて君に届けたいひそりと裏で光る満月

珈琲に溶かして飲んだ三日月の息づくように光る優しさ

ぐっすりと眠る犬を起こさぬよう泥棒みたいに鍵を開ける

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中