ぽつりぽつりと浮かぶ言葉たち

ぼんやりと暗い
玄関の上がり框にぽつりと座る

庭に訪れる小動物たちを
眺めている

感情は無機質になり
身体は鉛のよう

水は枯れて
虚ろに躯を刺している

壊れていく精神の
音の響きに安らぎを覚える

狂っているのは私なのか
遠く離れていく

心の奥は冷ややかに
俯瞰して見つめている

少し離れた方がいいみたい
ゼンマイ仕掛けの歯車を一つ失った

今の自分

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中