名もなき詩

満ちたあと欠ける月 欠けたあと満ちる月

幸せの跡が光る笑顔

悲しみの痕が輝かせる笑顔

何者でもない私は 何者にもなろうとせずに

ここで朽ち果てる 宿命を背負って

眩しい光の先の影 影は光を待っている

海と空を結んで 紅の炎を見ている

林檎の歌を口ずさんで ミズナラの木に鳥の巣箱を架ける

新しい希望は背伸びせずに追い

古い失望は背伸びして追い払う

ありふれたものに宿る美 それは特別なことではなく

夕空に光る一番星 あなたに知らせたくて

とりとめのない 名もなき歌を詠みました

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中