一番星を見つけたくて

一番星を見つけたくて、バスを一本乗り過ごした。行き交う車の騒がしさも静かになる。暮れていく空の中に光る星。一つ輝き始めると、二つ、三つと見つかる。あまりにも美しく感じたので、背伸びして眺めてみた。吐く息が白い。夜空は誰とでも共有できるが、独り占めもできるし、二人だけで共有することもできる。しかし、できれば大勢で共有したかったので、星座にまつわる神話を思い出した。そうすれば過去の人とも、現在の人とも、未来の人とも共有できる。美しくて少し悲しい物語。冷えた静けさの中で、私と同じように夜空を見上げている人がいると思うと、それだけで胸が温かくなった。一つ一つの星は美しい。しかし、その美しさを語るには難しい。きっと人間も同じ。一人ひとりは美しい。その美しさを語るとなると、やはり名前や物語やエピソードが結びついてこそだから、この人はこうしてほしいのだろうな~と想像したり、イメージしたり、想いを聴いて、そしてそれを自分の行動に結びつけて、人の想いにふたをしたり、無視をしたり、勇気がないからと理由をつけないようにしよう。なんてことを思いながら次に来るバスを待った。星が光る表現は、キラキラという表現がぴったりだ。キラキラと瞬く様子と呼吸を合わせると、心が穏やかになる。

広告

2 comments

  1. くぅさん☆
    こちらこそ、いつもありがとうございます☆
    私は夕方にバスに乗って帰るので、バス停から一番星を見つけるのが
    習慣になっています。
    人と人の関係は、喜びも悲しみもあるものですが
    くぅさんとお知り合いになれたことは
    私にとって大きな喜びです。
    いつか叶うなら、カフェとかでゆっくりとお話したいものですね☆
    音楽の話や園芸の話など、いろいろなお話を聴かせてほしいです♪♪

    いいね

  2. 星の瞬きは ほんときれいですね✨✨✨
    一番星を見つけた時は 嬉しいです!
    人と人の関係は
    喜びも悲しみもあるけど
    私も そうしたいと思います!
    いつも ありがとうございます!

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中