映画「寝ても覚めても」

柴崎友香原作「寝ても覚めても」、東出昌大、唐田えりか主演の映画を見た。縁ある人とは、どんな風にすれ違っても、またどこかでめぐり合える。それが良い縁だろうが、そうではない縁だろうが。そんな私の人生観を揺さぶられる映画だった。そうすればもちろんそうなるでしょうねという、よく理解できる結末ではあったが、胸の締め付けられる終わり方だった。原作も読んだ。原作の人物像にぴったりな配役だった。唐田えりかの透明感のある演技が印象に残った。麦と亮平の人物どちらも魅力的だったが、このままでは朝子と亮平はうまくいかないだろうと思うし、亮平の心の描写が少し雑なように思えてならなかった。憎しみを乗り越えた先に、真の愛は存在しているし、もっともっと先のドラマ模様を見ていたかった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中