変わらない

美しい本を読みました。美しい本の良いところは、私みたいに汚れてしまった人間に読まれて手垢で汚してしまっても、作品世界までは汚れないところです。そっと作品世界に触れて、心に潤いを頂いて、そっと本を閉じるのです。移ろっている世界は止まることなく次のステージへと移っていきます。私は美しい物語を描くことはできないかもしれませんが、見えているもの、知っていること、聞いたことではなくて、アンダーグランドの世界で、変わることなく話されているような物語を書いていきたい、詩を詠んでいきたいと思っています。心の根底で支えていたり、浮いていたりするような見えないものを捉えて、物語にしていきたい。そんなことを思った一日でした。

広告

2件のコメント

  1. くぅさん☆
    おはようございます。
    全く気になさらないでくださいね
    心がリンクして、通じ合う部分あるのかもしれませんね(^^)
    同じように感じている方もこの時期たくさんいらっしゃるかも☆

    いいね

  2. あ!私も「変わらない」を ちょっと一言
    ブログに書きました
    太田さんも 「変わらない」だったのですね
    わ〜、知りませんでした(((((((;´д`)))))))
    知ってたら 変わらないという事は書かなかった
    と思います。
    太田さんのおっしゃる「変わらない」と
    同じにしたら 申し訳ないんですが
    何か キャッチしたのかもしれないです。
    びっくりした次第です(T▽T;)

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中