答えの見つからない問いを抱えた夜に

波の音が聞えません
海のない部屋で、君は悲しんだ

私は手首を切り血を流して
君に嗅がせた

波の音が聞える
いつも笑わない君だけどその時だけはほほ笑んだ

森林浴がしたい
森のない部屋で、君は眠れなかった

私は一晩中君を抱きしめたまま
夜を過ごした

森の闇の匂いがする
いつも眠れない君だけどその時だけはすやすやと眠った

どうして病んでしまったのだろう?
誰にも答えを出せない問いで、君は泣いた

私は青色の世界に閉じこもって
二人とも病んでしまった

答えなんて見つからないね
いつも泣いてしまう君だけどその時だけは優しく抱いてくれた

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中