太田初夏がカップ焼きそばを作ったら

フレンズの「夜にダンス」を聴きながら、湯を沸かしている。キッチンには私しかいない。私は踊れないので、踊ったつもりになって、歌を詠んでいる。そこにはいつも「君」が登場しているが、どこの誰だかわからない。妄想恋人だという噂もある。そんなことを考えていると、湯が沸いた。カップ焼きそばは、腹におさめるために作るのではない。そこに「君」がいて、共に食べているという共有を味わいたくて、食べているに過ぎないのだ。カップ焼きそばのキャベツはいらないと思っていても、文句は言わない。この世に下らないものなんてないのだ。湯切りをするために、反対側のシールを剥ぐ。この発明は「ハズキルーペ大好き」という殺し文句に似ていて、偉大な発明である。駅前のバス停で一度だけ、女子高生に「ハズキルーペ大好き」って言ってみてくださいと頼まれたことがあった。私は苦虫をつぶした顔で、怒ったように言って、がっかりさせてしまった。三分待っている間に、濃いめに入れたコーヒーを飲む。今宵は欠けた月が空に架かっている。こういうくだらないひと時がご馳走だ。

広告

4 comments

  1. くぅさん☆
    こんにちは!
    いいところついてるでしょ(笑)
    楽しく読んで頂けて良かった~☆
    私も楽しみながら勢いで書いてしまいました。

    いいね

  2. 初夏さんこんにちは(*’-‘*)
    面白い!面白いです!
    いつもの初夏さんの文章のイメージとは違う印象です。
    ハズキルーペの下りが笑えちゃって。
    女子高生に言われて、……言ったんだ!と。
    短い間にギュッとつまった面白さは流石です(*’▽’*)

    いいね: 1人

    1. おもしろかったです!
      笑ってしまいました!
      軽妙な リズム感で 流れるような 面白さの連続でした!
      どこの誰だかわからない「君」いいですね〜✨✨✨

      いいね

    2. つばきさん☆
      こんにちは!
      私のいつもの文章とは違ってましたか?(笑)
      少し誇張させすぎちゃったかな~
      でも、面白いと感じてもらえて良かった。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中