損得で動く人間ではなくて

昔から基本的に人から疎まれてきた。一時期、なぜ人から好まれないのだろう?と疑問に思って、あがいた時期があったが、人から疎まれたり嫌われたりするのが普通なら、気にしないでおこうと思うようになった。だから親切にしてもらえると、それだけで幸せだと思えるようになったし、こちらから何かをするときには、片思いのつもりで、行動しようと思うようになった。心にはひんやりと冷たく静かな部分があって、痛みから守ってくれている。自分は損得で動く人間ではなくて、鎌倉時代の御恩と奉公ではないけれど、受けた恩に対して、どれだけのお返しができるだろうか?とか、この人のために何ができるだろう?とか、そういう部分はとても大切にしている。それは義務感とか強迫観念ではなくて、自分の本質の部分だと感じる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中