ある雨の日に綴った欠片の言葉

小さな場所で伸び伸びと生きている

雨の雫

濡れた花の美しさ

片思いのつもりで愛している

一番遠くからでも伸びやかに感じられるように

轍に咲いたオオバコの花

あなたの幸福を祈っている

濁った湖に漂う船

強い力より弱い力の存在に命が宿る

揺れている全ての事象

欠けていることが美徳だった

今ではないいつかの時

あなたは美しいという事実に気づく

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中