絶望という、群青色の美しい闇に包まれて

もがいていた頃、涙は流すためにあった

目は汚いものばかりを見ていた

美しかった子の輝きは失われ

毒された水のような澱んだ色の目をしていた

あるとき、汚れてしまったことに気がついて

汚れたものたちを許せるようになった

汚れてしまった自分さえも許せるようになった

涙は流すためのものではなく

目で見つめたものたちを

美しく映すための水と変わった 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中