ホリー・ガーデン

眠る時にはいつもテレビをつけっぱなしだ。人の喋る音に囲まれていると、ホッとする。賑やかなのが好きな訳ではない。それが音楽だとうまく眠れない。昨夜は浅間山の噴火のニュース速報で目覚め、今夜は明石家さんまさんの笑い声で深夜に目覚めた。それでも良い。深夜に目覚めるのは嫌いではない。起き抜けに濃い目に入れたコーヒーを飲みながら読書をする。また眠たくなったら眠る。朝6時までに合計7時間眠れていれば良い。

昨夜は残業で疲れていたせいもあり8時半には眠りに落ちていた。起きたのは0時半過ぎ。江國香織さんの「ホリー・ガーデン」を読む。深夜に読むには良い作品。江國さんの作品に登場する男女は簡単には絶望を叫ばないから良い。重苦しさの中に静けさがある。登場する女性たちに心を試されている気持ちがする。居心地の悪い感じはしない。しかし結局のところ、私は何歳になっても、どんな女性にとっても、気持ちを汲み取ることのできない不出来な男なのかもしれない。ただ江國さんにはどんな登場人物にも愛を感じる。そういうところが好き。

さてもうひと眠りするか。この世にくだらなくないことなんかないって、思えるだけで、大抵のことは何とかなる。終わりは始まりで、始まりは終わりの始まりで、いつか無になれる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中