散文

ビル・エヴァンスのピアノの音を聴きながら、邯鄲の鳴き声とセッションさせる。ピアノの音も、多数鳴き輪唱する虫たちも、決して負けてない。空が闇に包まれゆく。食後のブラックコーヒーをすすりながら、最高に幸せなひと時。心の中にあるものをすべて取り去り、言葉に置き換えて、散文にする。散文とは心の中のとっ散らかったものを整理する文章と、心の中では思っている。私はこの世界の主人公でも脇役でもなく、観衆の一人。この美しく皮肉な世界を味わっている。最後はブラボーと叫んで立ち去ろうか、それとも涙流しながら拍手して、そっと立ち去ろうか・・・楽しみである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中