余韻

夏の終わりに、夏の夢を見た

それは澄んだ青のトーンで

ドビュッシーのアラベスク第1番が流れていた

それはbigin the bigin

夏の始まりだった

終わりの来ない季節はない

いつか終わる

それは移ろいであり巡りである

四季の移ろいゆくように人を愛す

夏の終わりに、恋の始まりを感じた

それは淡いモノトーンで

ガーシュウインのラプソディ・イン・ブルーが流れていた

それは Fall is the best season

秋の始まりだった

落ちたのは私だったに違いない

余韻の深いメロディ

それは恋情であり友情である

言葉を重ねるごとに満ちていく

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中