ドラマチックな記憶の端で

早朝、目が覚めた

だらしない身体よりも

更に重たい心

それでも好きと思える人がいるとしたら

その人が美しい心の持ち主だから他ない

何でもない朝を

ドラマチックな記憶として

身体の一部に留める

何でもない朝を

カメラで愛情をこめて

私の一部として表現する

代り映えしない毎日が好き

刻々と変化する空に言葉を重ねてみる

窓を開けて陽を浴びながら青く澄んだ空に心を重ねてみる

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中