短歌-三首

さよならを告げた三日月地下鉄へざわめく星と地平へ沈む

星々に名前も星座もない夜に繋いだ手だけで君と語らう

朔日に見つけて君に届けたいひそりと裏で光る満月

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中