用意

私にはひっそりと休ませてくれる場所があって、何時に訪れても、温かいベッドを用意してくれて、薄暗い空間を用意してくれる、という夢を見た。そこに駆け引きや恋愛や友情のような煩わしさはなくて、いつも用意されているのだ。

これは夢の世界で終わらせるにはもったいない。

逆にそんなものを簡単に用意できる人間なら、どんなにステキだろう。これは何かの象徴であって、人の必要なものを、さっと用意できる人間になりたい。そう心がけていきたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中