名前のない影

街の灯りに照らされながら

足早に歩いた

喧騒に紛れて

名前のない影になった

美しい物語には題名はつけたくない

無垢な恋愛には理由なんていらない

愉快な旅には地図も時計も必要ない

花屋で花を買った

一番寒い季節に鮮やかに咲く

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中