雨のエイプリルフール

雨の日にワゴン車の後部座席にチューリップ、スイートピー、バラ、桜、マーガレット、ユキヤナギ、シザンサス、ラナンキュラスなど春の花を缶に種類別に入れて、駅前広場の片隅に止めて、花屋になったつもりで馬鹿みたいに安い値段つけて、赤いポスト型の小さな貯金箱置いて、遠くから君と見守りたい。それはエイプリルフールの雨の日がいい。二人ベンチに腰掛けて、にこにこしながら見つめ合って、手繋いで、一つの傘の中でデートするの。そして花の売れたお金で向日葵の花の種を買って、放置された空き地に種を蒔くの。夏になったら二人の背丈を追い抜いた向日葵が群れて咲いて、街のみんなを笑顔にするんだ。買ったお花代は美味しいご馳走を頂いたり豪華な旅したつもりと思えば安いもの。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中