人生のスタンス

自分次第で、世の中に小さな波紋を起こし、大きな動きにつながると信じている。そして、それは人一人の力の大きさもさることながら、小さな植物たちや動物たち、小さな祈りにすら力がある。だからこそ、この世界の一員として生きること、小さな行いがのちの世を作るということを肝に銘じておきたい。

昨日、年賀状を送った先の先輩より叱咤激励を受けた。まず1つめはいつもは写真の組み合わせの年賀状が印刷物の年賀状になっていてがっかりしたということと、もう一つは障がいを克服してしっかりと働いているのだから、自分の家庭を持て!伴侶を得て子育てしろ!という電話だった。ハラスメントととらえるか、叱咤激励ととらえるかは私次第なので、ここは叱咤激励として甘んじて受け止めることにした。

どんな生き方をしていても、どんな境遇においても、生きるということは、のちの世を作っている一員として組み込まれていると考えている。結婚して子を残していくことはもちろん素晴らしいことだが、これまで生きてきた先人の中で、結婚せず、一人で生きてきた方も多くいらっしゃるだろう。その方たちの小さな波紋の数々も、現代に波及していて、いろいろなものを形成していると信じているし、その痕跡を見つけ残していくことも私の務めだと思っている。私の思いや生き方に共感してもらえる方がいたとしたら、一緒になって家庭を築くこともあるかもしれない。またこの方の支えになって、よりよく生きてもらいたいと思える方がいたら、生活を共にすることで、力強く支えることもあるかもしれない。

私はそういうスタンスで生きています。周りから見たら甲斐性がないと見えるかもしれませんが、しっかりと生きているつもりです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中