恋情

陽だまりに咲く山茶花
眉根に潜む苦悩と抽象画
年齢を重ねて身についた

知恵と欲望

あきらめに似た寛大さ
ひきこもった魂を目覚めさせた
錆の匂いのする血潮の温かさ

乱暴に奪いたいほど掻き立てられる恋情

囁くように想いを伝えるなら
誰よりも遠くから
夏に憧れを抱く冬の心を持った

心の障壁を乗り越え結ばれるでしょう

根元から腐った
室のある木立の安らかさ
年月の風化による穢れに耐えながら

あなたを守るでしょう

仄暗さに包まれた
沼の淀みの真ん中
虚空から差し込んだ

冷たい月光

いかにして生きそして滅ぶのか?
小さな嘘と罪を重ねながら
それでも人を愛せる希望を見つけられるなら

迷いなく君を選ぶ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中