潔く

醜いとされるものは切り取り方次第でどんなものも美しく見えると信じてやまない私は、愚か者で、愛する者にぞっこんで、お金にも無頓着で自分の信じることに邁進している。愛は水道水のように、必要なだけじゃぶじゃぶ注ぎ、必要なくなれば、潔く引き下がる。四季の移ろいを愛し、月影を追う、詩集を出さない詩人。詠んだ詩はネットを漂い、風に舞う落ち葉のように吹き溜まりに落下して朽ち果てる。詠み人知らずになるまで漂い、時の流れに浄化されて、消えていく。生き方が詩人であれば、それでいい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中