角砂糖と優しさとカシオペア

仄暗い水の底から浮かび上がる
夢をくり返し見る
流れる星の跡形を記憶にとどめて
希望を持って生きている
歌を歌いながら自転車に乗る
毒のある林檎のような歌
寂しい影のある花のような歌を
ハミングしながら坂道を上る
開けても大丈夫ですか?という気持ちで
いや、あなたに会いたいから開けますねという強い思いを込めて
心の扉をノックする
あなたも暗い夢をみたのですね
実は僕も・・・
奇遇ですねとナンパするようにメールに
暗い夢の内容を明るい言葉で綴っていく
冷たい水を浴びた顔で笑えむ
角砂糖と優しさとカシオペア
似てないようで似ているね
理由なんてないけれど・・・
あなたが恋しい・・・恋しいに決まっているじゃない
ビルマから北極にいる恋人を思う気持ちで
あなたを想っているよ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中