呪文(ひと時の安らぎに)

シンと静まった空
不安と安らぎの狭間に
名前のついていない境界線
複雑に入り組む寄木細工
境界線をまたぎ
ここは、安らぎでもあり、不安でもある地点

足元に咲く白い花
名も知らぬ
花も私の名を知るまい
私が花の名を知ると
花も私の名を知りたがるかもしれない
花と風が互いの名を知っているように

未知なる風
詩が好きな人の
ウェーブのかかった髪の甘い匂い
道を下っていく
詩を見つけるために
だから翼なんていらない

鳥は飛ぶ
残照に照らされて
その姿を下から見つめる
迷うことに意味がある
世の中に逆らって迷い
見出した美

たゆまなく流れていく
気がつけばここにいた
さよならをしてきた訳ではない
未だに大人になりきれない
愚かな私
明日につながる道を歩いている

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中