変わらないこと

会社に異国からはるばる日本にやってきて働いている方達がいる。慣れない異国である日本で生活し働く方たちなので、皆さん優秀な方たちです。その中で入社時に約一カ月間、会社に慣れるまでのお手伝いをさせてもらった方がいる。その当時は、まだパソコンも不慣れで、日本語入力もたどたどしく、心配な状態でしたが、持ち前の明るさと勤勉さと誠実さで、会社に慣れてくれて、もう3年近くなるが、楽しく働いてくれて、しっかりとした戦力になっている。一つだけ変わらないところがあって、私は一カ月しか見てないし、何かしてあげられたかというと、甲斐のない支援しかできなかったにもかかわらず、未だに先生、先生と呼んでくださるところだ。私はその気持ちがとても嬉しくて、感謝している。こういうご時世で差別的な発言も多く見られる中、人間生まれ育った環境が違っていても、誠実に向き合えば分かりあえると思っているし、それに気づかせてもらえたことにも感謝している。私はお世話になった方を一人でも慕った気持ちで先生と呼べているだろうかと自分の胸に問うてみて、恥ずかしい気持ちになる。まだ数人だけどいろいろな国で生まれた方達と働ける環境を整えている会社にも感謝している。私にできることは何か?今は自然と心に湧き上がってくる。

2件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中