木漏れ日

幾星霜 想い続けた 人に出す 便りを磨く立夏の夜明け

木洩れ日の下で恋文書くようにラインで届ける黒猫スタンプ

合歓の咲く径に揚羽の影揺れて寝ても覚めても落ちる花房

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中