落ち合う

蛇行を繰り返しながら別々の山から

二本の川は流れていた

湿った落ち葉や土がミネラルとなって溶けて

それぞれの匂いのする水となっていた

どこかで落ち合いそうで

でも、なかなか落ち合うことはなかった

なだらかな平野の中流に

春になると一面に菜の花が咲く草原があった

その草原のところで二本の川は落ち合った

土と水と花と太陽の香りのする

鳥たちが集まって歌をうたう場所

しかし、夜になるとひっそりとしてて

空の大三角形も美しく見える闇の美しい場所

落ち合った川はまた蛇行を繰り返しながら

海へと向かっていく

流れは緩やかになり川幅を広げていき

ゆたゆたと水を湛えながら

2件のコメント

奥野登志子 にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中