生き方

私は特別な人間になりたいわけでもなく、一番でなくてもいい。ただ自分がこうなりたいと思う人物像に近づけることを目指している。人と競争したり争うことが苦手。大切にしているものが人から奪われてもいい。人と争うぐらいなら、そっとそこから離れて、遠回りでも荒れた道でもいい。自分らしさのある歩き方をしたい。つまらない人間かもしれない。異性から見たら退屈な人間でもいい。奪うなら奪ってみよ。抜かない刀、剥きださない爪をそっとしのばせている。私は果実のならない樹で営巣して、生きていく。自分の中に正しさはない。正義もない。間違いだらけ。明確なものがあるとしたら、いつか死が訪れるまで、あがきながら、その中に小さな幸せをたくさん見出し、一歩いっぽ歩いていく。その姿が浮かぶ。移ろいゆく時の中で、自分の生きるすき間を見つけながら、そっと身を埋めていく。仕事もそう。人手が足りないところ、誰も手を付けないものに力を注ぐ。恋愛も人付き合いもそう。必要なところを埋めていく。必要なくなれば去る。執着しているものがあるとしたら、生きること。祖母がそうしたように置かれた場所で、最善を尽くしながら、ギリギリまで生きる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中