繰り返す夢

野外ステージで
ロックバンドがコンサートを行っている

雨が激しく降っている中
ロックバンドは演奏し
ボーカルはパンチの効いた歌を歌っている

観客は群衆になり、同じ方向を向いて
一つにまとまっている

演奏に陶酔して聞き入っている者
首を縦に振りながら、踊っている者
こぶしを突き上げながら聞いている者もいる

私は青い雨合羽を着て
一人だけ演奏者に背を向けて
観客たちの顔を覗きこんで廻っている

観客の中には
私の古い友人がいて
以前交際した女性がいて
仕事場の人がいて
どこかで出会ったことがある人々もいる

私は、一人ひとりに
自分が訴えたい事を話そうと試みるが
演奏に聞きほれている観客たちは
耳を貸すどころか
私の存在にすら気がついていない

古い友人の肩を揺さぶって
「私はここにいる」
そう訴えたが、演奏に陶酔していて
私には気がつかない
以前交際した女性も、私には目もくれなかった

私は悲しい気持ちを抱えたまま
コンサート会場を後にした

コンサート会場の外には
知らない女性が赤色の傘を差して立っていた

黒髪が長く
瞳がきらきらと輝く
美しい女性だった

そして、温かい声で
「もう、淋しくなんかないのよ」
そうほほ笑んだ

私のそばに近づき
握手を求めて手を差し伸べてきた

私がおずおずと女性の手に触れると
その女性は、みるみるうちに
頭から角が生えて、肌がとろけて、目が飛び出てきて
醜い化け物に姿を変えた

指から伸びてきた長い爪が
私の手に食い込んで、血が滲んだ

私は精一杯の笑顔で
「淋しくなんかないよ」
そう声をかけると
「ごめんね」
化け物は涙を流し、美しい女性の姿に戻った

「ねえ、あなたの行きたいところへ連れて行って」
そう女性は囁いた

淋しいのは、私よりもその女性かもしれない
そう思うや否や
女性は再び、醜い化け物に姿を変えた

そして、私も着ていた雨合羽は破れ
体も醜くとろけて、異臭を放つ化け物に姿を変えた

私と女性は、お互い化け物になって
化け物でいられることの安堵と
真実の姿を認め合い
淋しさを埋めあえる喜びに浸った

手を繋いでコンサート会場に背を向けて
赤い傘を置き去りにして
どこへとも知れぬ旅に出て行った

二人の進んだ跡には
互いの手に食い込んだ爪から落ちた
赤黒い血が転々と落ちていた

人々からどんどん離れて行って
二人の世界に沈んでいった

降っていた雨は、いっそう激しさを増し
赤い傘は逆さまになったまま濡れていた

“A Repeated Dream”

At an outside stage,
A rock band is performing a concert.

In the violent rain that’s falling
The rock band performs
The vocals are singing a song that packed a punch

The audience becomes a crowd, and they face the same direction
They are gathering as one

There’s a person who’s lost and intoxicated in the musical performance
There’s a person who’s dancing while nodding their head
There’s also a person who’s listening while fist pumping

I wear a blue raincoat
Only one person turns their back on the performers
The audience’s heads turn and peer

Among the audience
is my old friend
A woman who I was associated with before
A person that’s of my workplace
That are people whom I’ve come across anywhere

I, one by one
Try to speak with wanting themselves to be brought to attention
The audience that’s listening in ecstasy to the performance
Did anything but lend an ear
My existence is only unnoticed

I shake the old friend’s shoulder
“I am here”
I was noticed, but she was still being intoxicated to the performance
The woman who previously befriended me, also paid no attention

I carry a sad feeling as it is
And I leave behind the concert grounds

In addition to the concert grounds
An unknown woman rose a red umbrella and stood

Her black hair long
Her eyes glistened
She was a beautiful woman

And then, in a warm voice,
“You are not lonely any more”
She smiled.

I approached closely
and the hand that sought a handshake extended out.

When I timidly come in contact with the woman’s hand
The woman, before one’s eyes
Grew horns from their head, melted their skin, popped out their eyes,
And changed as a figure to an ugly monster.

The long nails that extended from their finger
Eroded my hand and drew blood

I smile as hard as possible
“I’m not lonely”
When I call that out to them
“Sorry”
The monster sheds tears, and turns back into a beautiful woman

“Hey, take me along to the place you want to go”
The woman whispers.

Lonely, the woman may be more lonely than I am.
The minute I think that
The woman once again, changes into an ugly monster

And then, the raincoat I wear also tears
My body also uglily melted, and it changed to a monster with bad stench.

The woman and I became mutual monsters
With the relief of being a monster
I accepted the true figure
I buried the loneliness and was immersed in joy

Turning my back on the concert grounds by joining hands
I only leave behind a red umbrella
and I left on a trip to become unknown to anywhere

To the trace which two people advanced
I fall from the nail that cut into each other’s hand
Dark red blood had fallen place to place

Separating away steadily from people
I descended in the world of two

The rain that fell, grew much more violent
The red umbrella got wet as it turned upside down.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中