故郷を捨てる日

思い出せそう

木星に棲んでいた頃に

空に輝く青い星の

寂寞とした欠けた部分を

故郷を捨てる日

それは自分に別れを告げるとき

新しい自分に会いに行く

思い出せそう

宇宙の星屑だった頃に

漂い、それすらにも

軌道がちゃんとあって定められていたことを

孤独の沼に足を踏み入れた日

それは人生を確かに歩んでいるとき

新しい歩き方を知る

地図にない場所で逢いましょう

誰にも告げずただ示し合わせたように

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中