終わりから始まる

美しい言葉を綴るにはやはり毒も必要。目の前に広がる光景を言葉で表したい。心の中に浮かんだ想いを写真で表現したい。現実をままに見つめて美しく切り取って見せたい。愛する人をままに受け入れ祈りをこめて愛を伝えたい。醜い姿をした詩人の汚れた心の水溜まりに映る空の色。しみ込んだ水を吸い上げて育つ生き物たち。世界はどこまでも美しく狂気を孕んだ人間社会。その狭間にそっと割り込んで四季の巡りにあわせて枯れては芽吹き、蕾をつけて咲く一輪の花。終りから始まる転がる世界の涯てで風に揺れている。

2件のコメント

wildsum にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中